Loading
取扱分野(個人)

取扱分野(個人)

高齢者に関する法務

高齢者の皆様が心豊かに生活を送るために、定期的な見守り、法律相談、財産管理、任意後見、家族信託など、高齢者の法的支援にも熱心に取り組んでいます。
【ホームローヤー契約】法律専門家である弁護士が、高齢者の方々と契約(見守り契約、財産管理委任契約、任意後見契約)を結び、計画的・継続的に高齢者の生活上・法律上の諸問題に対応するとともに、高齢者に生じる紛争を未然に防止します。
【遺言作成】自筆証書遺言の保管制度もスタートし、遺言作成のご依頼が増加しております。昔ながらの現預金や不動産だけではなく、ネット口座で管理する金融商品など、どう継承させるか、どう処分してもらうか問題となるものも増えています。役に立つ遺言書とするためのサポートを提供します。
【相続】相続法改正により、遺産分割前の預貯金払戻し・仮分割、配偶者居住権、遺留分侵害「額」請求権など、新しい制度が導入されており、相続人が注意すべき点が増えた印象です。遺産の範囲、特別受益・寄与分、相続の承認・放棄、遺言の有効性等、従来型の論点についても、紛争は継続的に起こっています。他の相続人との間で有利に事を運び、効果的な主張・立証を行うためには我々専門家の関与が有効です。
【家族信託】高齢者の財産管理スキームとして、家族信託(民事信託)が活発化しています。家族信託は、明確な法律(信託法)の根拠に基づき、現預金、収益不動産等を有する高齢者の家族が受託者となることで、高齢者が財産を騙し取られたり、第三者に高額な信託手数料を徴収される事態を避けながら、後見制度と比較して柔軟な財産承継のスキームを構築することができます。是非、信託スキームの構築等についてご相談ください。

医療事故

医療事故(獣医によるものを含みます)に関する訴訟、調停、交渉は、患者(飼い主)側、病院側ともに相当数の事件を経験しました。医療事故紛争は、医師が明確に診察・施術のミスを認めている事案を除き、責任原因となる過失(注意義務違反)の特定及び立証の成功が難しいため、判決に至らず和解で終結することがほとんどです。非常に難解な類型であり、専門性の高い弁護士の関与が必須です。
患者側は、医師の過失(注意義務違反)についての立証責任を負いますので、診療当時の臨床水準に照らし医師が行うべきであった具体的作為(または不作為)を法的な注意義務として構成し、その違反があったことを証明しなければなりません。
病院側は、患者側の主張する注意義務違反がないことを、専門的・医学的知見から主張することになります。
豊富な経験に基づき、ご相談段階で、あるいは1か月程度の調査により、一定の見通しを立てることができますので、患者の方、医師の先生方ともに、お気軽にご相談ください。

交通事故、自動車のトラブル

自動車の安全性能の向上により重大事故は減りつつありますが、それでも車社会の北海道においては交通事故は非常に身近な法的問題であり、不意に誰にでも起こりうるものです(代表弁護士自身も、雪道で停車中に追突被害に遭った経験があります)。
裁判例により、当事者の過失割合、物的・人的損害の算定においては、比較的明確な法的基準が存在しております。当該基準に基づき、裁判まで至った場合の見通しを含めて、適切な助言とサポートを提供いたします。
損害保険会社のご担当者様からは、ドライブレコーダー映像をもとにした過失割合の検証、相手方との示談交渉、難解・面倒な訴訟等々、日々ご依頼を頂いております。
自動車の売買等をめぐる法的問題についても、多数のご依頼を受けております。

不動産法務・建築紛争

【不動産法務】個人向けの不動産の売買・賃貸・開発・立ち退き等に関する法的サポートの提供にも重点的に取り組んでいます。裁判案件も多く取り扱ってきました。
北海道では、近時外国人が関係する不動産取引も増加しており、言語理解力の不足から紛争に発展するケースも少なくありません。日本語、英語双方について紛争リスクを回避する契約書等をご提案させて頂きます。
【建築紛争】難解な建築設計・監理・施工に関する紛争(いわゆる「欠陥住宅」「建築瑕疵」に関する紛争)についても、調停、訴訟等による数多くの解決実績があります。札幌弁護士会の住宅紛争審査会の紛争処理委員も務めております。マイホームあるいは投資用不動産に欠陥があり、お悩みの方は、是非ご相談ください。

その他一般民事・刑事

【債権回収、強制執行】銀行の代理人として、多数の貸金請求・保証債務履行請求等を担当し、債権取立手段として不動産・債権・動産の仮差押・本差押も合計100件近く経験しており、債権回収・強制執行に関し十分なノウハウと実績があります。
【債務整理、個人再生、自己破産】債務整理、個人再生、自己破産も、個人の経済的再生を手助けするため一定数受任しています。収入・支出管理について細かく指導を行いますので、生活を立て直し人生をリスタートしたい方はご相談下さい。
【離婚事件】財産上の論点を有する事件を受任しています。事業用資産、個人名義の株式の分与方法、配偶者の事業への寄与割合の評価方法、不動産収入の取扱、事業所得者(給与所得が混在する場合も含む)の基礎収入算定、高額な子の教育費の取扱等々でお悩みの方はご相談ください。
【刑事事件】刑事弁護・少年事件にはライフワークとして取り組んでいます。とりわけ、商標法違反・著作権法違反の犯罪の弁護経験が豊富です。また、窃盗症(クレプトマニア)の疑いがある場合、薬物依存等の物質使用障害がある場合、条件反射制御法の治療を積極的に受けさせ、再犯防止に取り組んでいます。

PAGE TOP